山中慎介後援会本部

プロフィール

山中慎介
山中慎介 Shinsuke Yamanaka
第29代 WBC世界バンタム級チャンピオン
第65代 日本バンタム級チャンピオン
プロ戦歴 22戦 20勝(15KO)2分
アマ戦績 34勝(10KO・RSC)13敗
通称 神の左
スタイル サウスポー
出身地 滋賀県湖南市
生年月日 1982年10月11日
血液型 B型
身長 171cm
趣味 食べ歩き
憧れのボクサー エドウィン・バレロ
ボクシングのきっかけ 自分に向いていると思った為

小中学校時代は野球をしていたが、辰吉丈一郎に憧れ、南京都高校入学後にボクシングを始める。高校時代には同学年だった李冽理(後のWBA世界スーパーバンタム級王者)と公式戦での対戦経験の他2000年とやま国体では、決勝で当時習志野高1年生の粟生隆寛(後のWBA世界スーパーフェザー級王者、同フェザー級王者)を降しての少年フェザー級での優勝経験がある。他にインターハイ2位の経歴も持っている、当初はオーソドックスであったが、顧問の指導によりサウスポーになった。
専修大学進学後はボクシング部の主将を務めた。自身は大学卒業と同時にグローブを吊るして競技を辞めるつもりでいたが、大学4年生時の国体で不本意な成績に終わったことからプロ入りを決意。粟生が所属する帝拳ボクシングジムへ入門する。


公開日:
最終更新日:2014/02/16

PAGE TOP ↑